ストレートネックと枕

ストレートネックとタオル枕でまっすぐな首を改善

ストレートネックと枕について

人間の背骨は生理的湾曲があります。細かくお話をすると、首の場所では前の方に前腕し、
背中の方では後湾しています。腰の方では極端に前湾して、仙骨の場所では極端に後湾しています。

このように背骨は湾曲しているのが普通なのですが、いろいろな原因で湾曲が無くなって症状が出てくるのです。

夜、寝る時間は長いのでこの時の姿勢はものすごく大事です。

今回は、皆さんがお悩みの枕に焦点をあててお話しをしましょう。

寝るときの姿勢、仰向けになるときの姿勢の時に首の前湾をなるべく維持できる状態がいい枕です。

ストレートネック改善の為に夜寝る姿勢と仰向けでの枕の高さが大切

ストレートネックの改善には、図のように枕の高さが大事です。

枕の高さが高いと、首の前湾が大きくなり、顎が引くような姿勢になり苦しくなるので高すぎるのは良くありません。

枕の高さが低いと、前湾が無くなり平らになるのでこれも良くありません。

どうしたらいいかというと、首の前湾がフラットな状態一番いいと言われています。

体の体系によって多少高さも違ってくるので、自分で微調整ができるものがいいです。

ここ最近よくテレビなどでも紹介されていますが、タオルを何枚か積み重ねて自分の居心地がいい高さにする方法もあります。

ストレートネック改善の為に。枕でもう一つ大事な事…横向き

就寝中に皆さん必ず寝がえりをすると思われます。

横向きになった時には、肩幅の高さが大事になってきます。

ストレートネック改善は横向きの姿勢で枕の調整

枕の高さが合わずに頭が下がった状態になったり、逆に高くなったりすると、これも首に悪影響を起こし、ストレートネック悪化の原因になってしまいます。

それではどうしたらいいのかと言うと、まずは仰向きの状態で高さを合わせた後に横向きになり、肩幅の高さを意識して頭が平行になる様にします。

微調整が必要ですが、タオルを一枚めくるとかで枕の高さを合わせます。

タオルの積み重ねの枕は微調整が効くのでとても良い方法です。

ストレートネック改善の為、仰向きの高さ・横向きの高さに合わせたタオル枕が完成です。

それでは安心しておやすみください。

ストレートネック予防と改善

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/29